これは、このセクションの複数ページの印刷可能なビューです。 印刷するには、ここをクリックしてください.

このページの通常のビューに戻る.

クイックスタート

VirtualLens2の最小限のセットアップ手順と使用方法について解説します。

1 - セットアップガイド

アバターにVirtualLens2を組み込むための手順を解説します。

要件の確認

VirtualLens2のセットアップの前に対象アバターが以下の要件を満たしているかご確認ください。

  • VRCSDK3 (Avatars 3.0) を使用してセットアップされている
  • 他のアバターと以下の要素を共有していない
    • FX Layer 用の Animator Controller
    • Expressions Menu
    • Expression Parameters
  • Expression Parameters に48ビット以上の余裕がある

Unitypackageファイルのインポート

ダウンロードしたパッケージ (VirtualLens2_v2.x.x.unitypackage) をVRCSDKなどと同様の手順でインポートしてください。

Unitypackageファイルのインポート

セットアップヘルパーの実行

セットアップ対象となるアバターを選択して右クリックし、 VirtualLens2 Setup を選択します。 するとセットアップヘルパーが起動するので、以下の設定項目を確認した後に Run ボタンを押してください。

Avatar セットアップ対象となるアバターです。
Target Hand カメラを持たせる手です。
Settings Template VirtualLensSettingsのPrefabを設定するとそれから設定情報を読み込みます。(省略可)
Use Custom Model デフォルト以外のカメラモデルを利用する場合にチェックしてください。
Custom Model Prefab デフォルトモデルの代わりに配置するカメラモデルのPrefabを指定してください。設定しない場合モデル配置が省略されます。

セットアップヘルパーの実行

カメラモデルの配置

デフォルト以外のカメラモデル利用時に自動配置がうまくいかない場合、手動でモデルを配置する必要があります。 モデルをシーンに追加した後に位置や向きを調整し、さらにカメラを追従させたいボーン(典型的には右手もしくは左手)の子となるように移動させてください。 また、配置した後にそのモデルについての情報を VirtualLens Settings コンポーネントに入力する必要があります。 下の画像を参考に Camera Object 以下の情報を設定してください。

カメラモデルの配置

設定の確認・適用

自動生成された VirtualLens Settings コンポーネントの設定を確認して、問題がなければ Apply ボタンを押して変更をアバターに適用します。

以下の要素はアバターによって調整が必要な場合があるため、適宜位置や向き、親となるオブジェクトの確認及び修正を行うことをおすすめします。 なお、 ScreenToucher, DroneController, RepositionOrigin はそれぞれアンパックされていないPrefabのインスタンスである必要があります。

Camera Object » Root Object カメラを出現させる位置です。
Marker Objects » Screen Toucher タッチスクリーンの操作に用いる点です。カメラを持たない側の手の人差し指の先に配置されます。
Marker Objects » Drone Controller ドローンのコントローラーが出現する点です。カメラを持たない側の手のひらから少し離れたところに配置されます。
Marker Objects » Reposition Origin カメラ位置の再調整の際に基準となる位置を表す点です。アバターの胸の前に配置されます。
Marker Objects » Selfie Marker 自撮りAFに使用する左右の瞳の位置を示す点です。アバターの瞳付近に配置されます。

また、設定適用後にこれらのオブジェクトの位置や向きを変更した場合には再度 VirtualLens Settings コンポーネントの Apply ボタンを押すようにしてください。

v2.7.6-: 設定適用時に Root Object に指定されたオブジェクトが無効化されるようになりました。VRChat上で必要に応じて有効化されるため、通常はそのままアップロードしてください。

設定の確認・適用

オブジェクト配置例

注意事項

自動的に編集されるファイルについて

VirtualLens2 は設定適用時に対象アバターに紐づけられているファイルの一部を編集します。 下記のファイルに対してそれぞれ編集が加えられるため、それと干渉するような変更を行わないように注意してください。 また、複数アバターでこれらのファイルを共有している場合、事前にコピーするなどしてそのファイルが編集されても問題が起こらないようにしてください。

FX Layer の Animator Controller

  • VirtualLens2 で始まる名前のレイヤーが一旦削除されます
  • VirtualLens2 で始まる名前のパラメータが一旦削除されます
  • 必要なレイヤーとパラメータが追加されます

Expressions Menu

  • サブメニュー VirtualLens2 が一旦削除されます
  • 新たに生成されたサブメニュー VirtualLens2 が追加されます

Expression Parameters

  • VirtualLens2 で始まる名前のパラメータが一旦削除されます
  • 必要なパラメータが追加されます
    • 追加されるパラメータについては詳細リファレンスをご参照ください

自動生成されたファイルの取り扱いについて

VirtualLens2 のセットアップ時に自動生成されたファイルはデフォルト設定では再適用時に削除されます。 そのため、自動生成されたファイルを直接編集しないように注意してください。

2 - 撮影ガイド

VirtualLens2を用いた撮影の手順を解説します。

基本的な使い方

標準カメラの準備

メニューから “Camera” → “Photo Camera” (動画撮影に利用する場合は “Stream Camera”) とたどりVRChat標準のカメラを取り出します。 この時、フォーカス機能が有効になっている場合は干渉を防ぐためにあらかじめ無効化しておいてください。

VirtualLensの起動

アクションメニューを開いて “Expressions” → “VirtualLens2” → “Enable” とたどるとVirtualLens2が起動します。 起動中は標準カメラに映る映像がVirtualLensで撮影されたもので上書きされるため、この状態で標準カメラのシャッターを切ることでVirtualLensで撮影した写真を保存することができます。

3 - アップグレードガイド

VirtualLens2バージョンアップ時の更新手順を解説します。

基本的な手順

Unitypackageファイルのインポート

ダウンロードした最新版のパッケージ (VirtualLens2_v2.x.x.unitypackage) を上書きインポートしてください。

Unitypackageファイルのインポート

設定の再適用

初回セットアップ時に生成された VirtualLens Settings コンポーネント内のApplyボタンを再度押し、アバター内のデータを更新してください。

設定の確認・適用

特定バージョン固有の手順

v2.8.5 以前からの更新

VirtualLens2 v2.9.0 以降のバージョンではデフォルトの設定はPrefab (VirtualLens2/Prefabs/DefaultSettings.prefab) によって提供されるようになりました。 v2.8.5以前のセットアップヘルパーによって自動生成された設定オブジェクトはこのPrefabのインスタンスとなっていないため、今後のアップデートによるパラメータ調整を正しく反映するために設定オブジェクトをPrefabのインスタンスで置き換えることを推奨します。

設定オブジェクトの置き換えを行う場合、VirtualLensSettingsのコンポーネントの最下部にある “Replace by Prefab Instance” ボタンを押すことで現在の値を必要に応じてコピーしたPrefabのインスタンスを生成することができます。