その他の機能

その他の機能について解説します。

プリセットの呼び出し

セットアップ時にあらかじめ用意した設定プリセットを呼び出します。 これにより、焦点距離・絞り・露出のうちいずれか、もしくは複数の項目の組み合わせをよく使う値に設定することができます。 プリセット設定については設定リファレンスもご参照ください。

指定されたメッシュの非表示化

セットアップ時に指定したメッシュを非表示化します。 非表示化は他プレイヤーにも反映されますが、セーフティ設定でアニメーションが無効化されている場合は反映されない点に注意してください。

プレビュー画面の情報表示設定

プレビュー画面に表示する情報を設定します。デフォルト設定を変更する場合はセットアップ時に該当パラメータの設定を変更してください。

グリッド

補助線を表示します。非表示・3x3・3x3+対角線・6x4の中から選択することができます。

設定情報

焦点距離・F値などの値をパーセント表記から一般的な単位にそれぞれ変換して画面上に表示します。

水準器

カメラの傾き具合を可視化する水準器を表示します。

フォーカスピーキング

ピントが合っている領域をハイライト表示します。無効・マニュアルフォーカス時のみ有効・常時有効の中から選択することができます。

シーン依存の問題への対応

アバターに組み込まれたカメラの制約により、ワールドやインスタンスにいるアバターによっては意図した挙動とならない場合があります。 いくつかのケースでは負荷の増大や操作性の軽微な劣化と引き換えに改善を図れることがあるため、VirtualLens2ではそのような状況に対処するための機能をオプションとして実装しています。

クリッピング平面の調整

クリッピング平面のうち遠景側の制限を一時的に緩めます。極端に広いワールドで遠くのものが写らない場合に設定を調整してみてください。 一方で、不必要に緩めると描画負荷の増大やZ-fightingによるちらつきの発生が懸念されます。設定を変更する際はこれらの事象に気をつけつつ調整を行ってください。

画面転送モードの変更

VirtualLens2ではシーン中のほぼ全てのカメラに対してそれがVRChat標準カメラか判定し、条件を満たしたカメラに対して上書きを行うようになっています。 ワールドなどに標準カメラとの判別が難しいカメラギミックが含まれる場合、誤判定によりそれらのカメラにも干渉してしまう場合があります。 そのような場合、画面転送モードをStrictモードに切り替えることによって判定条件を厳しくすることで問題を解決できることがあります。 ただし、Strictモードでは標準カメラ側のズーム機能を利用していると画面の上書きが機能しなくなります。必ずズームをリセットした状態で利用するようにしてください。

深度テクスチャ生成の有効化

深度テクスチャ (_CameraDepthTexture) を用いた効果を利用するためにはカメラに対してそれを有効化するための設定を行う必要があります。 標準カメラに対してはワールド側の設定でこの機能を有効化することができるのですが、その方法によってはアバターに組み込まれたカメラでは深度テクスチャが有効とならないことがあります。 このような場合、VirtualLens2を用いて撮影した画像に以下の図のような別の視点の深度情報を用いたような影などが生じます。 Depth Enabler を有効化するとVirtualLens2がキャプチャに用いるカメラでも深度テクスチャが生成されるようになるため、若干の負荷増大と引き換えに正しい描画結果を得られるようになります。